生殖不能期を迎える女性へ

様々な症状を引き起こす

看護師

更年期障害とは、生殖不能期(閉経)を迎える45歳から55歳までの女性に多いとされています。この頃の女性は、卵巣機能の低下に伴いエストロジェンの分泌が低下することで視床下部に影響を及ぼし、自律神経失調症を引き起こすことになります。さらに、この時期の女性が直面する様々なストレスが情緒不安定や憂うつ等の精神症状の引き金になるのです。具体的な更年期障害の症状については、自律神経失調症から顔のほてりやのぼせ、頭痛や動悸等様々な症状を引き起こし、精神的にもイライラしたり、やる気が起こらなかったりすることになります。特に、ホットフラッシュと呼ばれる顔のほてりやのぼせ、発汗を示す女性は80%に達するとも言われ、この症状が数年間続く場合もあるのです。

治療する方法

更年期障害を治療する方法について説明します。更年期障害は女性ホルモンであるエストロジェンが低下することで発生しますから、エストロジェンを補充することで治療することができます。また、自律神経失調症の治療薬である自律神経調整薬が用いられることもあります。さらに、憂うつ等の精神症状がひどい場合には、うつ病の治療と同様に向精神薬を用いることもあります。更年期障害は、次第にその症状が治まると言われています。しかし、更年期障害を起こしている人にとってはとても辛いものです。また、周囲の人の理解が得られないこともしばしばありますから、更年期障害でお悩みの方は内科や婦人科等の専門の病院に行って医師に相談してみることをおススメします。