更年期を快適にする

看護師

女性が体験するようになる更年期障害は、一人で解決を試みてもそれが困難として医療機関を受診することで問題もよい方向へむかいます。 カウンセリングを行い心のケアをしてくれたり、不快な症状を医療の力で改善できます。

詳細を確認する

更年期に訪れる体の変化

女性

40代半ば頃になると、更年期障害が起こるようになります。婦人科でのホルモン治療が有効ですが、既に出ている症状については、内科で治療を受けることも大事です。また、乳房のハリが失われたりシミやシワが増えたり、それにより心を痛めたりすることもあるのですが、それらには美容外科での治療が有効です。

詳細を確認する

生殖不能期を迎える女性へ

看護師

更年期障害は、卵巣機能の低下に伴いエストロジェンの分泌が低下することで自律神経失調症や精神症状を引き起こすとされています。治療法としてはエストロジェンの補充や自律神経調整薬、そして向精神薬等が用いられます。

詳細を確認する

中年以降での体調不良

肝臓がんは、最新の免疫療法によって治療出来ます。がん細胞で弱った肝臓を強化した免疫細胞で攻撃するからです!

効果の高い更年期障害の対策を実践すれば、心と体の健康を取り戻すことができます。まずは始めやすいものから開始しましょう!

主な身体的異常

女性

日常生活ではストレスや環境、心理的な影響などによって、何らかの体調不良を抱える確率が付きまとっていると言われています。そうした影響によって引き起こされる症状の1つが更年期障害です。更年期障害とは一般的に中高年の女性に多いと見られていた症状ですが、近年では男性にも起こる確率がある事が知られてきて、対策が急がれる問題となっています。男女いずれの場合も主な原因としてホルモンバランスの崩れが挙げられており、女性であれば閉経による影響、男性では20代を境に減少していくと言われる男性ホルモンによる影響が主とされています。その結果、疲れやすさや発熱感覚、体の弱い部分での痛みといった肉体的異常や、気力や集中力、喜怒哀楽などの心理面の不安定さに性欲低下といった心理的異常が起きるとされます。それが長期に渡ったり、日常生活を普通に送る事さえ困難となったりする場合は、早めの受診による原因特定が勧められます。

発症年齢と生活での注意点

更年期障害は一般的な発症年齢で無くても、ホルモンバランスの崩れを引き起こす要因によっては個人差がある症状の出方をする場合も考えられます。また更年期障害による症状は、性格や風邪など、他の要因によるモノだと自己判断して軽く見過ごしてしまいがちな事柄である点にも注意が必要となっています。更年期障害の予防と対策としては、生活習慣の改善によってホルモンバランスを取り戻せる様にする事が挙げられます。対策となる具体例としては、規則的な睡眠時間やリラックス中の行為を確立させ、自律神経のバランスを整える事が挙げられます。そうして適切な自律神経の動きになると、ホルモンの分泌も安定化しやすいと考えられています。リラックス中の行為としては、ヨガやジョギングなど弱い強度の有酸素運動やゆったりしたテンポの音楽を聴く事などが推奨されています。また魚、肉、豆類、乳製品といった良質のたんぱく質を含む食べ物を野菜なども交えてバランスよく摂取し、ホルモン分泌に繋がる栄養補給をする事も対策の一環として挙げられています。